設立趣旨書


 私達は白老町で、育児サークル活動、ミニコミ誌の発行、子育てや男女共同参画社会についての学習会、カウンセリングなどの勉強会、読み聞かせの活動など、子育て支援や社会教育の活動を個々の団体で行ってきました。
 これらの活動を通して、1人1人が感じた悩みや不安を共感し語り合い学び合うことで地域の課題がみえてくることを知りました。又、性別・世代・立場にとらわれずネットワークを結び知恵を出し合うことで、解決策が見つかることもありました。

 しかしながら、人と人との助け合いが年々少なくなり、家庭での人間関係も希薄になる傾向が加速しているため、子育てや子どもの健全育成に関する新しい課題は増えているのが現状です。
 それらの課題に対して、これまでのような個々の団体の取り組みだけでは、解決していくことが困難です。又、行政任せにしていても、多様な地域のニーズには応えられないと考えました。

 そこで、私たち「お助けネット」は、これまでに築いた人的ネットワークを生かし、ともに学びながら力をつけ、子育てや子どもの健全育成についての支援を必要としている人に、多様で有効な子育て支援を提供していきます。
 「0歳から20歳までの子どもの健全な成長が保障される地域社会」を目指し、託児活動、相談活動、学習機会の提供、情報収集提供、ネットワークの形成に関する活動を展開します。

 大人である私たちが、人とのつながりに喜びを感じながら、社会に貢献する主体として生きる姿は、子どもたちに生きる力を与えると信じ、ここに
特定非営利活動法人 お助けネットを設立いたします。